シラフですが何か?

波乱万丈超絶雑記ブログ

【スポンサーリンク】

2017年【雇用保険】知らないと大損!?県外就職でも貰える再就職手当について受給例



ヒャッハー!ジャギ丸だ!!


今回はワークマンなら大半は加入している「雇用保険」のお話なのでいつものテンションはさておき真面目にお送りする


この記事で取り扱う話は転職の神殿、就職安定所ことハローワークで手続きを踏み一定の条件を満たせば纏まったお金が入る制度「再就職手当」についてだ


払う税金はバッチリ催促を送り付け、貰える筈のお金については自分達で調べないと教えてくれないヤラシイ日本のシステム上知らない人も多いのではないだろうか


離職する事無く生涯同じ会社に身を捧げる予定方も、場合によっては100万近い額が入る可能性も存在するので、頭の片隅に置いてるだけで損は無いのだろう


大体条件は同じだとは思うが、都道府県によって多少違いがあるかもしれないので今回は管理人も受給した東京都の場合の事例を上げて行く


目次



再就職手当って?


ハロワで失業状態に認定され受給者資格決定を受けた後、一定の条件を満たし早期に再就職又は事業を開始した場合に支給される制度


失業した時数か月間貰える予定の失業給付金を前もって一括にもらえる制度なので就職が早ければ早いほど貰える額も上がる


分かりにくい?給料より少し少ないくらいの額を半年間近く貰える失業手当だけど、条件満たせばその半年間分くらいをまとめて貰えるって制度って事


開業時でも条件を満たせば貰えるらしいが、一般的な方が一番利用することの多いであろう再就職時の一定の条件から見てみよう


就職した場合の支給要件


以下の8つの条件をすべて満たす事が必要


(1)就職日の前日まで失業の認定を受けた上で支給日数が所定給付日付の3分の1以上であること。

支給残日数=所定給付日数-すでに受給した日数


要は既に失業手当貰い過ぎてる人にはあげませーんって事


離職理由が自身の意思で退職の場合、ハロワから失業認定されても三ヵ月間「給付制限」と言うのが設けられており失業手当を受け取れるのは三か月後となるので、すぐに就職する方には関係無い話ですね


(2)1年を超えて引き続き雇用されると認められること

ダメな例

・一年以下の雇用期間で雇用契約の更新が見込まれない場合 ・紹介予定派遣で派遣されてる場合やトライアル雇用で雇用されている場合 ・一年以下の雇用期間で、雇用契約の更新にあたって一定の目標達成が条件付けられている場合


ここの判断基準が曖昧だが派遣社員や、歩合制の営業、その他イレギュラーな立ち位置の仕事では無く固定給が安定してる一般的な正社員になれよって事でしょう


一応一年以内の短期的な職業に就いても「就業手当」というが存在するが、今回の「再就職手当」より額が低い手当になるようだ


(3)採用の内定が「受給資格決定日」以降である事


離職後にハロワに行くと取りあえずこの日に来てねって言われる日があるのだが、その日より前に勝手に就職したらダメだよって事ですね

(4)「待機」が経過した後、職業に就いたこと


先程の取りあえずこの日に来てねって日から1週間、極端に言えば仕事をするなっていう期間が「待機」


この「待機」がちゃんと出来てるかって事ですね


(5)離職理由により「給付制限」を受けた場合


→「待機」満了後の一か月間は、ハローワーク等の紹介により職業に就いた事

この8つの条件の中で一番重要なポイント


会社が倒産した場合などやむを得ない理由以外は、1か月間タウンワークとかネット求人で就職してもダメだよって事、待つの好きだねぇ!?


例外としてはハロワを通した仕事で就職するか、厚生労働大臣が付与した許可番号が付いている仕事に就職した場合は一か月以内でも大丈夫らしいが後記はぶっちゃけよく分からないね!


因みに我輩は現在の仕事はハロワを通して就職いたしました


(6)離職前の事業主、または関係事業主に雇用されたものではないこと


前の仕事場の関係会社に就職するなよって事、まったく関係ない会社なら問題ないでしょう


(7)過去三年以内の就職について、再就職手当、常用就職手当の支給を受けてない事


三年以内は同じ手は通用しないぜ?


(8)雇用保険の被保険者資格を取得していること(雇用保険に加入する労働条件で働いてること)


要は社会保険にちゃんと加入された就職先に就職してねって事でしょう


ハロワの求人は社会保険に加入した仕事場以外は基本紹介できないので、地雷を踏まなければハロワを通して就職したら確実かもね?


他にも色々やる事があるのだが、ハロワに行けば分かりやすいスケジュール表を貰えるのでそっち見た方が手っ取り早いと思われます



結局幾ら貰ったの?


前職の給料によって変動があるが、手取り年収300万だった管理人が山口→東京へ引っ越しハロワを通して再就職した場合



結構馬鹿にできない額だ、コレやるから今後しっかり住民税納めてくれよって事でしょう


結局振り込まれるまで2ヶ月近くかかったので家賃で大分減ってしまった…もっと早く知ってればぐぬぬ


その他手当について


就業促進定着手当

再就職手当を受給した人が対象で、前職より新しい就職先での給料が低い場合その差額分×6ヵ月が受け取れる制度


案内については先程の再就職手当の通知書と共にセットで送られ、働き出して6か月後に申請が可能となる


就業手当

先程にも記載したが一年以内の短期的な職業に就いた場合に貰える手当だが、再就職手当に比べると遥かに額が下がるのでペナリティ要素が強い


派遣やバイトに就くなって事なんでしょうか


その他常用就職手当等~


尚手当ではないが失業中は健康保険の免除制度も簡単にできるので市役所、区役所等に相談しましょう


まとめ


とりあえず離職票貰ったら速攻でハロワへ行こう、何かと手続きに時間がかかるので少しでもロスタイムを減らすのだ


またここ数年で貰える額が上昇してるらしいですね、国としても離職者はさっさと働いてほしいのでしょうね


そして当ブログでは情報が正確では無い可能性があるので、正確で確実な情報はお住いのの就職安定所にてお問い合わせください


【スポンサーリンク】