シラフですが何か?

波乱万丈超絶雑記ブログ

【スポンサーリンク】

想像もつかなかった皇居敷地内をぶらりと歩いてみた



ヒャッハァー!!ジャギ丸ダァ!


関東地方に訪れて早くも1ヶ月、仕事を辞めてもやるべき事事が多すぎて怒涛のひと月を過ごしたがやっと我輩も色々と落ち着きそうである


そんな中、調子に乗って遊び呆けていたら上京の為に用意した貯金がすぐ空になるので、出来るだけ手元に留めておきたい…


そんな中思いついた金のかからない東京での有意義な過ごし方で先に思いついたのは西日本から東京へ遊びに来て本当に好きな人以外わざわざ行くことの無い名所


皇居敷地内のお散歩なのであった、今回はこんな超誰得レポートをお送りして行く


【スポンサーリンク】



という訳で



ヒャッハー!やって来たぜKOKYO!!


あんまり歴史詳しくないんだけど要はここ江戸城跡だよね?イエヤスゥー!!



周りの「堀」っていうのかな?敵襲が来た時足止めする手掘りの池だっけ?よく知らんけど


これだけの規模の堀(?)と石垣を手作業で建造した江戸時代の大先輩方マジパネェっす、ふんっ北斗神拳の厳しい修行にも耐えた我輩も本気出せばこれくらい…無理だな



とかいう妄想はさて置き入り口である関所へやって来たぞ、ってかコレ入場料取られる奴じゃねぇかふざけんな!!



とか思ってると、汚い鞄の中を警備員が確認するという羞恥プレイが行われ写真の札を渡されてお財布を刺激する事なく侵入することが出来た、普通に無料だったぜ!


入ってすぐの案内板をみるも敷地内は結構広いらしくよく分からない、適当にまわっか〜



真っ先に現れたのは全都道県の代表の木々(?)を植えているゾーンへ、我が故郷の木を探すぜ



うーん…そんなに地元に生えてないけどなァ!?


他には白樺等あまり見慣れない植物が並んでいたが枯れないのかな?




少し歩くと小池ゾーンへ、泳いでる鯉がえらい尾ビレが長いなと思っていたら「オナガニシキゴイ」という品種だったらしい、そのまんまかーい



そして写真家が群がってるので何事かと思えばお目当はこのお花(名前忘れた)




ふむ、よく分からないが綺麗ではないか


ここで気づくが訪れる客層は年配の方々か外国人観光客が9割、自分らのような北斗神拳継承者は極少数で若干のアウェイ感である



整備されたゾーン以外は日本の中心とは思えない雑木林のような目に優しい風景が続いている



江戸城跡(?)、遠目で見ると小さく感じるが近づけば見上げる程の立派な基礎である



今は基礎の上は更地になっており上から見下ろすことも出来る、上の写真はそこからの風景だ



質の良い芝生で良い感じの公園となっており日陰でピクニックだろうか、レジャーシートを広げ話に花を咲かせる人々の姿が


北斗(日本)の歴史2000年、江戸城跡から見る現在の日本は実に平和な風景が流れていたのであった…


って訳で金がないが暇はある人々に優しい皇居敷地内は緑と平和を感じられる場所でありましたとさ


おしまい


【スポンサーリンク】